睡眠負債を返済する方法はたったこれだけ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

眠負債を返済する方法はたったこれだけ!

しっかり眠ったはずなのに、毎日眠い……。

そんな睡眠不足を簡単に解消できる方法があります。

今回は、睡眠負債をすっきり解消する方法をご紹介します。

眠負債とは

日々の睡眠不足が続いて借金のように積み重なることが「睡眠負債」です。

ストレスや疲労の影響で生活の質が低下するだけでなく、さらには、命にかかわるような病気のリスクが高まるとも言われています。

眠時間は人生の何割?

睡眠時間は、なんと人生の3割を占めていると言われます。

眠っている時間も人生だとすると、質の良い睡眠を心がけたいですよね。

けれど、いくら寝ても寝ても眠りたりない!

朝、すっきりと起きれない!

そういう方も多いのではないでしょうか。

特に春は日中も何となく眠くなってしまいますよね。

眠時間の平均

日本人の平均睡眠時間は6時間~7時間となっています。

わりとしっかり眠れているようですが……

厚生労働省による「国民健康・栄養調査」の結果によると、

1日の平均睡眠時間が6時間未満の割合がここ数年増加

とわかっています。

その理由は、男性では「仕事」、女性では「育児」「家事」

さらに経済協力開発機構の調査によると、日本は世界の中でも特に睡眠時間がダントツに短く、女性は特に睡眠時間が短いことがわかっています。

女性は社会進出により、仕事も家事も育児もという状態でしょうから、時間がいくらあっても足りませんね。

ちなみに20代の女性に限定すると、

「就寝前に携帯電話、メール、ゲームなどに熱中すること」

が最も高い結果となっています。

後ほどふれますが、質の良い就寝前のスマホやPCは厳禁です!

性は注意!

何と睡眠時間が短い人は、肥満になりやすいという調査結果が出ています。

また、「肌のゴールデンタイム」に睡眠が得られないことにより、成長ホルモンが分泌されず肌荒れの原因にもなってしまいます。

睡眠負債、貯まるといいことなしですね。

正な睡眠時間とは

一般的に必要な睡眠時間は7時間前後です。

しかし、年齢が上がってくると必要睡眠時間は減ると言われており、自分が心地よい睡眠時間であれば、時間にこだわる必要はないです。

眠負債の返済方法

寝だめでは睡眠負債を返済することはできません。

たっぷり寝たとしても、疲れがとれていない…と感じることがあると思います。

それでは、どうすればいいのか。

いつもより長く眠る

週末にまとめて眠るのではなく、

毎日少しずつ睡眠時間を増やす

です。

日中の15分程度の仮眠も集中力をアップさせると言われており、一度に長く眠るのではなく、少しずつ睡眠時間を増やすことが良いとされています。

なかなか寝つけない……そんな時には

日の光を浴びる
体の中の時計がリセットされ、適切な時間に眠くなります。

運動をしよう
軽いものでかまいません。散歩がおすすめです。慣れてきたらウォーキングしましょう。

入浴しましょう
眠るより90分前には入浴しましょう。

体の体温を上げることで、睡眠時に心地よい眠りへと誘います。

時間がない時は、とくに足湯を意識してシャワーを行いましょう。

る前のスマホはなぜいけない?

これについては、液晶画面の発するブルーライトが眠りを妨げると言われていますが、実はスマホやパソコンで見ている内容によるものが大きいと言われています。

気になることを検索していると、ついついのめり込んでしまいますよね。

これによって脳が活性化し、興奮状態になるため、眠くなるのを妨げると言われているのです。

そのため、寝る前のスマホやパソコンは厳禁です。

とめ

いかがでしたでしょうか?

今回は睡眠負債をすっきり解消する方法をご紹介しました。

これで、睡眠不足に悩まされている方の悩みも解決することができます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク