郵便局のノルマは違法か?自爆営業は本当のこと?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

便局のノルマは違法か?自爆営業は本当のこと?

便局はブラック企業?

昨今、ニュースでやたらと取り沙汰される郵便局のブラック企業ぶり。

先日は、年賀状のノルマが廃止という記事が上がっていました。

日本郵便の年賀はがき「販売指標」廃止の方針について、九州の郵便局員の間では「自腹購入してでもノルマ達成を求めるような社内の空気を改善してほしい」と期待する声が出る一方、「廃止は表向きで現場は何も変わらないのではないか」との不信感も根強い。

 指標は年賀状だけでなく、暑中見舞い用はがき「かもめ~る」にも設定されている。特命取材班には8月上旬、九州の局員から「毎年、かもめ~るの販売ノルマに苦しんでいる」とのメールが届いていた。

 本紙が8月31日付でノルマの実態を報じると、取材班には「かもめ~るだけでなく、年賀状や食品、保険の販売で年中過大なノルマが課されている」「知り合いの局員から毎年、必要以上の年賀状購入を頼まれ、仕方なく買っているが余って捨てている」といった声が相次いで寄せられた。福岡県内のある男性局員は「年賀状は主力商品だから、もちろん営業の努力はするが、必要とされていない分まで売れと言われてもどうしようもない。自腹営業を黙認するような文化はなくなってほしい」と話した。

 一方、九州の他の郵便局では年賀はがきの指標の廃止方針が示された後も、生命保険の営業について「圧倒的努力で行動を! 業務終了後、顧客宅を訪問するように」などと書かれた文書が回覧されたという。この郵便局の男性局員は「これまでも上層部からは自腹営業の根絶などの指示が出されたが、現場の管理職の意識は変わらなかった。企業向けの指標は残るし、何かが変わるとは思えない」とため息を漏らした。

yahoo!ニュース 西日本新聞

このニュースについて

・年賀状なんて時代遅れ

・ノルマを課すのはおかしい

・民営化したのに営業努力・魅力的な商品開発ができていない

・郵便料金値上げしやがって

等々、様々なコメントがあがっています。

おおむね、日本郵便のブラック企業ぶり、経営に対してを糾弾する意見が多い印象です。

なおかつ、ブラック企業大賞・特別賞なるものをもらっている日本郵便なので、一般的な認識としては「ブラック企業」ととらえられてしまっているようです。

ルマは違法か?

郵便局では、年賀状だけでなく貯金や保険、カタログ等様々なノルマが課せられており、それが過大であると、内部から声が上がっています。

このノルマについてですが、

ノルマ=営業指標(目標)

であり、これについては

違法性はない

と、労働問題を取り扱う弁護士も述べています。

営業目標については郵便局だけでなく、さまざまな企業にあるものです。

アパレル、銀行、保険、スーパー、コンビニ……そもそも、民間企業であれば、どこにでも目標というものはあるものなのであり、それによって評価が変わるのも一般的です。

そのノルマが過大であるか否かというのは、難しいところですが、達成している人もいるということなので、主観の問題もあるかと思います。

また、年賀状を出すという風習がない若者は多く、郵便局の立地や環境にも左右されますね。

一番大きいのは、会社関係にツテがあるかどうか、で変わってくるでしょう。

会社ではお得意様や関係企業に年賀状を出す風習も残っており、会社を多くお客さんとして押さえておけば、年賀状の売り上げも変わってきます。

窓口でも、来店される経理担当の方や社長の奥様等に声かけすることで、目標を達成している人も少なくないようです。

爆営業はほんと?違法じゃないの?

自爆営業については、数々の告発から本当に行われているようです。

ただ、これは非常に難しいところで、強要があるか否かで違法性が問われます。

・営業目標が達成できなかったため、自分で買い取る

・営業目標が達成できなかったため、上司が買い取るよう圧力をかける

下の場合は違法性があるのはもちろんですが、上の場合は違法性を問うのは難しいところです。

郵便局については、「自爆営業を強要する雰囲気がある」とのことなので、周りも当たり前のようにやっているから、自分も買わざるを得ない、という雰囲気なのではないでしょか。

しかし、買い取りを拒否したからと言って、減給や降格することはできないので、雰囲気にのまれず拒否することも大切だと思います。

それにより、会社に居づらくなるのは必至ですので、これもまた難しいことですが…。

自爆営業については、アパレルなどでの服の買い取り、保険業、銀行業の親族・友人への販売、コンビニの恵方巻やケーキの問題……と挙げたらキリがないと思います。

そのため、郵便局のように大きな企業が動くことで、他社へ波及いていく効果が見込めればいいのですが……。

ぜ郵便局は批判されるのか?

一時期はコンビニのバイトも多くそのブラックぶりを告発されていましたが、郵便局への批判は師走に向けさらに増えそうです。

ここでなぜ、郵便局の内部から声が多く上がるのか考えてみると、

・仕事内容へのギャップ

・募集の仕方のまずさ

にあるのではないかと思います。

ここのギャップのせいで、内部からの不満が後を絶たないのではないでしょうか。

よく郵便局に行くと、「パート募集中・正社員登用あり」というチラシを貼ってあります。

正社員登用されるということは、それなりに営業目標と勤務成績が良くないとされませんので、もちろん、年賀状やカタログが売れる人が前提となってきます。

しかし、チラシにはもちろん「目標あります」とは書きませんよね(笑)

郵便局と言えば、赤バイクに乗って配達しているイメージか、窓口で業務をこなしているイメージが多いかと思います。

配達だけしている、という仕事ではないのです。

しかしながら、民営化前から郵便局は「営業の会社」です。

配達している人にも年賀状の目標はありましたし、窓口の人も保険や貯金、カタログの目標もあります。

元お役所だから営業が下手くそ、というコメントが散見されますが、それもちょっと違います。

民営化前から営業はしていたのです。

また、いまだ国が株を保有している状態なので、商品開発もそうそう好きにはできません。

自由にやれるのであれば、もうちょっと魅力的な商品等開発できるかもしれませんね。

一応、窓口営業、という募集はかけているようですが、配送については見たところ配送業務となっていました。

「配送業務・営業あり」みたいにするしかないのではと思います。

おそらく、応募してくる人は圧倒的に減りますが(笑)

窓口営業についても、郵便局は手数料で利益を上げるしかない状態ですので、保険をがんばるしかなく(郵便物はあまり儲からない)、それが保険の営業までやらされるとは…という不満に繋がっていると思われます。

そのため、「郵便局がこんなにノルマきついと思わなかった」という結末に至り、さらなる批判を生んでいるようです。

定的な便局員もいる

ブラックな体制が取り沙汰され、現役社員からも不満の嵐ですが、社員からはこんな肯定的な意見もありました。

・自分に恥じない営業努力をすれば、きちんと見てくれている

・郵便局程度のノルマで悲鳴をあげるなら、どこへ行っても一緒

・民間会社なのだから、営業は当たり前

・ノルマ達成したことないが、それでペナルティがあったことはない

・自爆営業の雰囲気はあるが、一切応じない

まじめに営業に取り組み、きちんと評価されている方もいらっしゃるようです。

やはり、上司の人柄によるのでしょうね。

また、ノルマについてはできるだけ頑張り、できなくても買い取りはしない、という強い心を持つことも大切のようです。

もちろん、買い取りを強要されたら、きちんと証拠を残しておきましょう。

上記の会社に肯定的な意見を、ブラック企業に染まっている、いわゆる社畜と思われる方もいるでしょう。

しかし、人数が多い大企業な以上は、色々な意見があって然りだと考えます。

とめ

郵便局だけでなく、自爆営業の強要がなくなる世の中になればいいですが、「営業目標」がある以上は難しいところですね。

しかし、心を病んだり体調を崩しては元も子もありません。

合わないと思ったら、やはり転職も視野に入れていきましょう。

あなた何様?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク